芸能人・経営者のおくやみ情報

網干善教 氏

考古学者[日本]

2006年 7月29日 死去胆管がん享年78歳

網干 善教(あぼし よしのり、1927年9月29日 - 2006年7月29日)は、日本の考古学者、関西大学名誉教授。
専門は考古学、古代史、仏教史。
文学博士(関西大学、1979年)。
奈良県高市郡明日香村出身。
明日香村名誉村民。
父の網干順三は梶井基次郎の異母弟。
生家は石舞台古墳のすぐ下にある唯称寺という浄土宗の寺で、1933年(昭和8)から始まった第一次石舞台発掘調査に接して考古学に関心を持つようになる。
旧制畝傍中学校(現、奈良県立畝傍高等学校)時代より、京都帝国大学考古学研究員であった末永雅雄(橿原考古学研究所初代所長、関西大学名誉教授、文化功労者、文化勲章受章者)が陣頭指揮を執る石舞台古墳の発掘調査に参加するなど、考古学に傾倒し、橿原考古学研究所に通いつめ、末永の薫陶を受ける。
中学校を卒業後、佛教専門学校(現、佛教大学)に学び、末永博士が教えていた龍谷大学文学部史学科へ進学。
以降、末永博士の講義を学部、大学院、その後と17年間聴き続けた。
龍谷大学大学院文学研究科修了。
文学博士。
関西大学助教授で奈良県立橿原研究所所員だった1972年、高松塚古墳で彩色壁画を発掘、日本中に考古学ブームをもたらした。

あぼし-よしのり 1927-2006昭和後期-平成時代の考古学者。昭和2年9月29日生まれ。中学時代より末永雅雄に考古学の手ほどきをうける。昭和30年橿原(かしはら)考古学研究所所員,48年関西大教授。47年高松塚古墳の調査に参加し彩色壁画を発見。60年関西大調査隊をひきいインドのサヘート遺跡を調査。平成9年「大和における寺院跡の研究」で竜谷賞。平成18年7月29日死去。78歳。奈良県出身。竜谷大卒。著作はほかに「壁画古墳高松塚」「飛鳥(あすか)の遺跡」など。 (引用元 コトバンク)