芸能人・経営者のおくやみ情報

麻生太賀吉 氏

政治家実業家[日本]

1980年 12月2日 死去享年70歳

麻生太賀吉 - ウィキペディアより引用

麻生 太賀吉(あそう たかきち、1911年9月29日 - 1980年12月2日)は日本の実業家、政治家。
麻生セメント会長。
妻和子は吉田茂元首相の三女。
長男麻生太郎は第92代内閣総理大臣、第23代自由民主党総裁、麻生派会長。
来歴・人物 1911年(明治44年)9月29日、九州の炭鉱王麻生太吉の三男・太郎を父に、子爵加納久朗の妹・夏子を母として福岡県飯塚市に生まれる。
1929年(昭和4年)旧制福岡中学校(現、福岡県立福岡高等学校)を卒業、昭和4年から昭和7年まで九州帝国大学(現九州大学)法文学部聴講生。
1931年(昭和6年)に祖父の経営する麻生商店に入社し、1934年(昭和9年)に社長となる。
関連会社である麻生鉱業社長と麻生セメント社長を務め、人権を無視した納屋制度により、莫大な利益を得た。
戦後の1951年(昭和26年)には、九州財界の重鎮である九州電力会長に就任している。
ロンドン滞在中、白洲次郎の紹介で、当時駐英大使をしていた吉田茂の三女・和子と知り合い、帰国後結婚。
首相となった岳父を補佐するため、1949年(昭和24年)第24回衆議院議員総選挙に郷里の福岡県から立候補し、当選する。

明治44年(1911年)9月29日 - 昭和55年(1980年)12月2日) 日本の実業家、政治家。麻生セメント会長。 吉田茂の女婿。やはり政治家の麻生太郎は長男。麻生セメント社長の麻生泰は三男。?仁親王妃信子は三女。文芸評論家の大井廣介(麻生賀一郎)は従兄。明治天皇の落胤を自称した画家橘天敬は、いとこの夫にあたる。 (引用元 Hatena Keyword)