芸能人・経営者のおくやみ情報

田崎俊作 氏(たさきしゅんさく)

田崎真珠 創業者[日本]

2011年 4月26日 死去多臓器不全享年83歳

田﨑 俊作(たさき しゅんさく、1929年2月18日 - 2011年4月26日)は、田崎真珠創業者。
日本真珠振興会会長、神戸ファッション協会会長などを務めた。
長崎県出身。
家業は真珠養殖業。
海軍兵学校在学中に敗戦。
1956年に田崎真珠商会(現田崎真珠)を設立し、1970年代に真珠の量産に成功した。
真珠の養殖・加工・販売を自社で行い、国内真珠最大手の会社に育てた。
1975年には、重度身体障害者の自立のため、長崎県大村市に社会福祉法人大村パールハイムを設立した。
2011年4月26日、多臓器不全のため神戸市東灘区の病院で死去。
82歳没。
学歴 海軍兵学校  長崎経済専門学校(現長崎大学経済学部)卒業。
職歴 1950年 - 鄭旺真珠有限公司(神戸市)入社。
1956年 - 田崎真珠商会(現田崎真珠)設立。
1985年 - 同社を大阪証券取引所二部に上場。
1993年 - 同社を東京証券取引所一部に上場。
著書 『ゴーイング・マイ・ウェイ 真珠と共に歩んだ74年』財界研究所, 2003 脚注 ==。

田崎俊作氏(たさき・しゅんさく=田崎真珠創業者、元社長)26日午前1時51分、腎不全のため、神戸市の病院で死去、82歳。長崎県出身。葬儀は28日午後1時から、神戸市灘区大石東町3の21の27のベルコシティホールなだで。同社主催のお別れの会の日程などは未定。喪主は長男俊明(としあき)氏。 田崎氏は1954年、神戸市で養殖真珠加工販売業を開始。59年に田崎真珠を設立し、日本の真珠生産・販売を世界のトップレベルに引き上げることに貢献した。一方、90年代にダイヤモンド事業に本格参入したが、バブル崩壊後の不振で経営悪化を招いたことで、一線から退いた。(2011/04/26-19:18)

田崎真珠の創業者。日本真珠振興会会長、神戸ファッション協会会長。 1954年、真珠養殖の加工販売業を始め、一代で業界首位に育てた。 2011年4月26日、腎不全により死去。 (引用元 Hatena Keyword)