芸能人・経営者のおくやみ情報

野間佐和子 氏

講談社社長[日本]

2011年 3月30日 死去心不全享年67歳

野間 佐和子(のま さわこ、1943年7月27日 - 2011年3月30日)は、株式会社講談社6代代表取締役社長、日本雑誌広告協会理事長、読書推進運動協議会会長、日本出版クラブ会長、国際文化フォーラム会長。
元テレビ朝日非常勤監査役。
東京都出身。
「講談社中興の祖」と呼ばれた4代社長野間省一の長女。
1964年、三菱電機に勤務していた阿南惟道(野間惟道)との結婚が決まると、当時通っていた清泉女子大学英文科を中退。
翌1965年に惟道を婿養子に迎える形で結婚し、家庭に入った。
1987年、5代社長に就任していた夫・惟道の急死を受け、6月20日付で6代社長に就任。
専業主婦からの転身となったが、同年9月に刊行した村上春樹著『ノルウェイの森』をはじめ、24年間の在任中に数々のベストセラーを世に送り出した。
1990年代後半には年間売上高を2000億円を超えるまでに伸ばしたが、近年はいわゆる「出版不況」により売上高が減少。
2002年度には戦後初の赤字決算も経験し、業績改善に努めた。
一方、主婦経験をもとに、子どもの読書推進運動に取り組み、児童文学シリーズや絵本を積極的に刊行した。

故野間佐和子さん(前講談社社長、3月30日死去)のお別れの会 5月16日正午から東京都千代田区内幸町1の1の1の帝国ホテルで。(2011/04/14-16:03)

経営者。 野間清治から3代続く大手出版社・講談社の社長。女性では珍しい出版業界の経営者。2011年3月30日に死去した。(享年67才) (引用元 Hatena Keyword)

「野間佐和子」と関連する人物(故人)