芸能人・経営者のおくやみ情報

谷沢永一 氏

関西大学名誉教授評論家[日本]

2011年 3月8日 死去心不全享年81歳

谷沢 永一(谷澤 永一、たにざわ えいいち、1929年6月27日 - 2011年3月8日)は、日本の文芸評論家、書誌学者。
関西大学名誉教授。
専門は日本文学(近代)。
渡部昇一との共著が多い。
大阪府大阪市出身。
旧制大阪府立天王寺中学校から関西大学予科を経て同文学部国文学科卒業。
同大学院博士課程修了。
文学博士。
書誌学者。
長老教授金子又兵衛の世話で同文学部助手となり、講師、助教授、教授を務め、1991年に定年より9年早く退職して名誉教授となる。
兵庫県宝塚市に居住していて、阪神・淡路大震災で被災した。
若いころからの躁鬱病であり、自著でも言及している。
2011年3月8日、心不全のため兵庫県伊丹市の病院で死去。
81歳没。
受賞など 1980年、書評コラムを集めた『完本 紙つぶて』でサントリー学芸賞。
1989年、大阪市民表彰文化功労。
1997年、大阪文化賞。
森鴎外と坪内逍遥の論争を論じた『文豪たちの大喧嘩 鴎外・逍遥・樗牛』で、2004年に第55回読売文学賞研究・翻訳賞。

たにざわ-えいいち 1929-2011昭和後期-平成時代の書誌学者,文芸評論家。昭和4年6月27日生まれ。関西大在学中から同人雑誌「えんぴつ」を主宰し,開高健(たけし),向井敏(さとし)らと知りあう。昭和44年から平成3年まで母校の教授。近代文学の分析と論評,書誌研究で知られ,昭和55年「完本―紙つぶて」でサントリー学芸賞。平成16年「文豪たちの大喧嘩」で読売文学賞。平成23年3月8日死去。81歳。大阪出身。著作はほかに「谷沢永一書誌学研叢」「書物耽溺」など。 (引用元 コトバンク)