芸能人・経営者のおくやみ情報

高見澤宏 氏(たかみざわひろむ)

歌手・ダークダックス[日本]

2011年 1月7日 死去心不全享年79歳

高見澤宏 - ウィキペディアより引用

ダークダックス(DARK DUCKS)は、男性の重唱団(ボーカルグループ)である。
メンバー数は活動の中心時期には長らく4人だった。
ただし、1951年の結成当初は3人。
メンバーの逝去や病気療養にともない、現在は2人。
メンバー全員、慶應義塾大学経済学部出身。
同大学の男声合唱団ワグネルソサエティのメンバーたちが、1951年のクリスマスパーティーで「ホワイト・クリスマス」の合唱を披露したことがきっかけで結成。
ただしこのときはパクさんこと高見澤宏が入学する前だったので、メンバーは3人だった。
結成当時はJAZZ・黒人霊歌を中心に活動していたが、現在はオリジナル楽曲やロシア民謡、山の歌、唱歌など幅広いジャンルの楽曲をレパートリーとしている。
1957年にロシア民謡「ともしび」をヒットさせ、一躍スターダムになり、当時としては異例の年6枚のアルバムを発売し、記録的ヒットを収め、歌謡界にコーラスブームを巻き起こした。

男声コーラスグループ「ダークダックス」のメンバー。 愛称:パクさん 1933年11月9日、生まれ。2011年1月7日、死去。77歳だった。 静岡県出身。 1952年、慶應義塾大学の男声合唱団「ワグネル・ソサィエティー」に所属していた佐々木行(マンガ)さん、喜早哲(ゲタ)さん、遠山一(ゾウ)さんに、テノール担当の高見沢さんが加わって「ダークダックス」を結成。 ロシア民謡、童謡など幅広いジャンルを歌いこなした。ヒット曲は「ともしび」「雪山讃歌」「北上夜曲」「山男の歌」「銀色の道」など多数。 1993年に4人そろって紫綬褒章を受章。 (引用元 Hatena Keyword)