芸能人・経営者のおくやみ情報

小寺弘之 氏

前群馬県知事[日本]

2010年 12月21日 死去心不全享年70歳

小寺 弘之(こでら ひろゆき、1940年10月3日 - 2010年12月21日)は、日本の政治家。
元群馬県知事(民選第13・14・15・16代)。
東京府生まれ。
父は佐賀県、母は茨城県の出身。
父の仕事の都合で生まれて間もなく台湾に移り、また東京に戻る。
戦時中は茨城に疎開するが、終戦後東京に戻り小学校に入学する。
しかし、小1の1学期までで東京を去り、函館、熊本、広島、名古屋と転居を繰り返し5つの小学校を経験する。
中学も名古屋から芦屋に移り、高校は兵庫県立芦屋高等学校に入学するが高2の2学期に東京へ転居し、東京都立新宿高等学校入学。
1963年3月 東京大学法学部を卒業。
自治省入省。
1968年4月 群馬県庁に出向、以後医務課長、企画課長、財政課長、秘書課長を歴任 1978年9月 群馬県総務部長就任 1982年10月 群馬県副知事就任。
1991年7月28日 群馬県知事に就任。
以降4期当選。
2007年7月22日 5期目に挑戦するが、自由民主党公認の大澤正明に敗れた。
2008年1月 「緑と風の会」発足。
  2009年12月 民主党選挙対策委員長の石井一から第22回参議院議員通常選挙への立候補を要請され、出馬の意思を固める。

元官僚、政治家、前 群馬県知事。 2010年12月21日、死去。70歳だった。 旧自治省出身。群馬県副知事などを歴任後、1991年の知事選で初当選し、4期務めた。 2010年参議院議員選挙に民主党から比例代表で立候補したが、落選した。 (引用元 Hatena Keyword)

「小寺弘之」と関連する人物(故人)