芸能人・経営者のおくやみ情報

星野勘太郎 氏

プロレスラー[日本]

2010年 11月25日 死去肺炎享年67歳

星野 勘太郎(ほしの かんたろう、1943年10月9日 - 2010年11月25日)は、元プロレスラー、プロモーター。
本名は呂建夫(ヨ・コンブ、여건부)、通名、星野 建夫(ほしの たつお))。
兵庫県神戸市出身の在日韓国・朝鮮人。
リングネームの勘太郎は、長谷川一夫主演の映画『伊那の勘太郎』から豊登に付けられたもの。
「突貫小僧」の異名をもつ。
現役時代 高校時代はボクシングに打ち込み、卒業後にジムに入ろうとするが、リーチの長さが足りず断念。
1961年10月に日本プロレス入門。
同年12月22日、東京・リキ・スポーツ・パレスにおける駒厚秀戦でデビュー。
1967年4月にアメリカで山本小鉄とタッグチーム「ヤマハ・ブラザーズ」を結成。
小型でもパワフルであると評判だったヤマハのオートバイにあやかって名付けられたチーム名で力強いファイトを展開した。
テネシーでは観客に発砲されたり、ナイフを脳天に突き立てられた事もある。
老人で力が弱かったため深く刺さらず事なきを得た。
帰国後の1970年にはアントニオ猪木とのコンビで第1回NWAタッグ・リーグ戦に出場、決勝戦でニック・ボックウィンクル&ジョニー・クイン組を破って優勝している。

元プロレスラー。魔界倶楽部総裁。(1943〜2010) 本名・星野建夫 1943年10月9日 兵庫県神戸市で生まれる。 1961年10月 日本プロレス入門。 1967年4月 山本小鉄とヤマハ・ブラザーズを結成。 1974年1月 新日本プロレス参戦。 1979年1月 国際プロレスに乗り込み、グレート草津・アニマル浜口組からIWA世界タッグ王座奪取。 1995年2月19日 現役引退。 2002年8月 古巣の新日本プロレスに戻り、魔界倶楽部を結成し総裁を務める。 2004年9月 魔界倶楽部解散。 2004年10月24日 賞金1,000万円を懸けたタッグトーナメントを開催*1。 2005年7月 アントニオ猪木が総裁を務める世界総合格闘技連盟(WXF)の会長に就任。 2005年12月 村上和成のセコンドとしてBIG MOUTH LOUDに合流。 2006年5月 魔界倶楽部復活を宣言。 2010年11月25日 没 (引用元 Hatena Keyword)

「星野勘太郎」と関連する人物(故人)