芸能人・経営者のおくやみ情報

山口信夫 氏

前日商会頭[日本]

2010年 9月14日 死去心不全享年85歳

山口 信夫(やまぐち のぶお、1924年12月23日 - 2010年9月14日)は、日本の実業家。
第17代日本商工会議所会頭、元旭化成代表取締役会長・代表取締役名誉会長。
2007年旭日大綬章。
来歴・人物 広島県甲奴郡総領町(現・庄原市)出身。
1942年広島高等師範学校附属中学(現広島大学附属高校)卒業、1943年陸軍予科士官学校卒業を経て、1945年6月陸軍士官学校(58期)を首席で卒業し、少尉として平壌へ出征。
ソ連タタール共和国での抑留生活を経験した。
復員後の1952年東京商科大学 (旧制)(現・一橋大学)卒業、同年旭化成入社。
同社の「中興の祖」宮崎輝元社長の右腕となり、1974年住宅事業部長に就任し赤字部門からグループ内で最も利益を上げる部門に転換させた。
常務、副社長を経て1992年、宮崎会長が現職のまま死去すると代表取締役会長に就任。
グループ内の多くの事業を再編成、同社を日本一の総合化学会社に躍進させ、世界でも12位にランクされた(2000年)。
また、宮崎が種を蒔いたといわれる、総花的に活動を行っていた社内スポーツ部を陸上競技部、柔道部、バレーボール部の三つのみに集中した。

経営者、旭化成名誉会長、前日本商工会議所会頭 2010年9月14日、死去。85歳だった。 広島県出身。 1952年、旭化成工業(現旭化成)に入社。 1992年、旭化成会長に就任。 2001年から2007年まで日本商工会議所の会頭を務めた。 2010年4月、旭化成名誉会長に就任。 (引用元 Hatena Keyword)

「山口信夫」と関連する人物(故人)