芸能人・経営者のおくやみ情報

クロード・シャブロル 氏

映画監督・映画プロデューサー脚本家[フランス]

2010年 9月12日 死去享年81歳

クロード・シャブロル - ウィキペディアより引用

クロード・シャブロル(Claude Chabrol, 1930年6月24日 - 2010年9月12日)は、フランスの映画監督・映画プロデューサー・脚本家。
来歴・人物 1930年6月24日、パリに生まれる。
父親は薬剤師。
彼自身も薬学を専攻。
1952年6月、最初の結婚をする。
妻アニエスとの間には、ジャン=イヴとマチューの2人の息子がいる。
1953年、初代編集長アンドレ・バザン時代の「カイエ・デュ・シネマ」誌で映画評を書き始める。
このときのペンネームはシャルル・エテル Charles Eitelとジャン=イヴ・グート Jean-Yves Goute名義。
のちのヌーヴェル・ヴァーグの旗手たち、批評家時代のジャン=リュック・ゴダール、ジャック・リヴェット、兵役から帰ったばかりのフランソワ・トリュフォーらと出会う。
当時、それと平行し『ミステール』誌に探偵小説を書き、20世紀フォックスのパリオフィスで宣伝アシスタントの仕事をしていた。
1956年、妻の祖母の巨額の遺産を相続し、この潤沢な資金で製作会社AJYMフィルムを設立、リヴェットの短編『王手飛車取り』を製作、脚本をリヴェットと共同執筆、ゴダールやトリュフォー、リヴェットとともに出演する。

Claude Chabrol フランスの映画監督 1930年6月24日、パリ生まれ。2010年9月12日、死去。 1957年、エリック・ロメールとの共著「ヒッチコック」を上梓。同書は世界初のアルフレッド・ヒッチコックに関する作家研究書とされる。 1959年、「いとこ同志」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。 2005年、アカデミー・フランセーズからルネ・クレール賞を受けた。 (引用元 Hatena Keyword)