芸能人・経営者のおくやみ情報

寶山左衛門 氏(たからさんざえもん)

歌舞伎長唄囃子方、四代目[日本]

(六代目福原百之助、本名・若林英次、人間国宝)

2010年 8月7日 死去老衰享年89歳

四代目 寶 山左衛門(たから さんざえもん、六代目福原百之助、本名: 若林 英次、1922年1月5日 - 2010年8月7日)は、東京市芝区宇田川町出身の長唄囃子方、篠笛演奏家・作曲家。
福原流鳴物六代目宗家、福原流百之助派四代目家元。
東京芸術大学客員教授、国立劇場養成所講師。
長唄囃子方五代目福原百之助の跡取りとして生まれ、母親も長唄の師匠。
幼い頃より芸の薫陶を受けた。
第二次世界大戦中は駆逐艦の建造等に動員されたが、戦後邦楽界の再建に携わり、1940年に福原英次を名乗る。
1964年に六代目百之助を襲名。
1981年に長唄協会理事。
1983年紫綬褒章。
1992年に長らく空白だった歌舞伎囃子方の名跡を継いで四代目寶山左衛門となった。
1993年人間国宝認定、勲四等旭日小綬章。
2010年8月7日、老衰のため死去。
音楽活動 囃子方として福原流小鼓、太鼓の指導も受けたが、特に人手が足りなかった笛方としての活動に重きをおくようになった。