芸能人・経営者のおくやみ情報

佃公彦 氏

漫画[日本]

2010年 6月28日 死去肺炎享年80歳

佃 公彦(つくだ きみひこ、1930年1月1日 - 2010年6月28日)は、日本の漫画家。
東京(当時東京府)出身であるが、少年時代は親の出身地徳島県で育った。
旧制麻植中学校(現・徳島県立川島高等学校)卒業後、海軍兵学校(78期)に進むが、終戦により閉校。
1955年、文春漫画読本に掲載された「ほのぼの君日記」で漫画家デビュー。
1956年、東京新聞に『ほのぼの君』の連載を開始。
スタート当初は、台詞のない「サイレント漫画」形式だった。
1970年から中日新聞、東京新聞、北陸中日新聞、北海道新聞、西日本新聞に『ちびっこ紳士』を連載開始。
1984年2月、連載5,000回突破を機に『ほのぼの君』にタイトルを変更。
登場人物が子供と動物だけというものと、自然、環境問題をテーマにした作品を多く執筆した。
「ラジオ体操」のマスコットキャラクターも佃の作品である。
しかし、晩年は直腸がんや腹部大動脈瘤の手術で休載することが多くなり、2006年末にはパーキンソン病を発症、絵筆が持てなくなるなどから降板を決意、2007年3月8日掲載分をもって、『ちびっこ紳士』から数えて37年間、東京新聞での連載年数では通算44年間にわたる『ほのぼの君』の連載が終了した。

「佃公彦」と関連する人物(故人)