芸能人・経営者のおくやみ情報

小林昇 氏

立教大学名誉教授[日本]

2010年 6月3日 死去肺炎享年93歳

小林 昇(こばやし のぼる、1916年(大正5年)11月1日 - 2010年(平成22年)6月3日)は、日本の経済学者。
経済学史専攻。
立教大学・福島大学名誉教授。
京都市生まれ。
東京帝国大学卒。
1940年、福島高等商業学校講師。
途中3年間の兵役を挟み、福島大学経済学部の設立などに尽力する。
1955年から82年まで立教大学経済学部教授。
ドイツ経済学史に新地平を開き、特にフリードリッヒ・リストの研究で名高い。
未來社から『小林昇経済学史著作集』(全11巻、1976-79年)が出版されている。
死後故人についての回想録、服部正治・竹本洋編『回想 小林昇』(日本経済評論社、2011年12月12日刊)が出版されている。
1916年 京都に生まれる 1920年 東京に移る 1936年 武蔵高等学校文科卒業 1939年 東京帝国大学経済学部経済学科卒業、東京海上火災保険会社入社 1940年 5月、福島高等商業学校(嘱託)講師 1941年 3月、福島高等商業学校教授 1944年7月29日 召集令状受領 8月 金沢歩兵第107連隊補充隊第2機関銃中隊大隊砲小隊に入隊 1944年11月3日 輸送船日永丸で門司港出航 15日米国潜水艦の攻撃を受け、日永丸は沈没、竹筏で漂う 1944年11月16日 海防艦により救助。

こばやし-のぼる 1916-2010昭和-平成時代の経済学者。大正5年11月1日生まれ。福島大教授をへて,昭和30年立大教授。57年大東文化大教授。経済学史を専攻。アダム=スミスを中心にスチュアート,リストらの経済理論を研究し,重商主義研究にあらたな段階をひらいた。47年学士院賞。平成22年6月3日死去。93歳。京都出身。東京帝大卒。著作に「国富論体系の成立」「フリードリッヒ・リスト論考」など。 (引用元 コトバンク)

「小林昇」と関連する人物(故人)