芸能人・経営者のおくやみ情報

ラッシャー木村 氏(らっしゃーきむら)

プロレスラー[日本]

2010年 5月24日 死去腎不全による誤嚥性肺炎享年68歳

ラッシャー木村(ラッシャーきむら、1941年6月30日 - 2010年5月24日)は、日本のプロレスラー、大相撲力士。
本名は木村 政雄(きむら まさお)。
北海道中川郡中川町出身。
後期のエースを務めた国際プロレスでは「金網デスマッチの鬼」の異名を持つブルファイターとして活躍し、新日本プロレス参戦時は国際軍団の総帥としてアントニオ猪木を抗争を繰り広げ、全日本プロレスおよびプロレスリング・ノア在籍時はユーモアあふれるマイク・パフォーマンスで親しまれた。
2003年よりプロレスリング・ノア終身名誉選手会長。
力士時代 佐久中学校を経て北海道天塩高等学校に進学、ポール牧とは同級生であった。
夢であるプロレスラーになるための基礎体力作りとして、高校を中退して大相撲の宮城野部屋に入門。
1958年3月場所初土俵、四股名は木ノ村(きのむら)。
幕下20枚目まで昇進したが「十両に上がったら辞められなくなる」という理由で1964年9月場所限りで、親方(元横綱・吉葉山)の慰留を振り切り脱走して廃業した。

元プロレスラー。 本名 木村政雄 1941年6月30日 北海道中川郡出身 185cm 125kg 血液型B型 デビュー戦 1965年4月2日 東京・リキ・パレス 対 高崎山猿吉(現魁勝司) 1958年に大相撲の宮城野部屋に入門。「木の村」の四股名。幕下上位まで上がり十両入り目前だった。「関取になったら相撲をやめられなくなる」と廃業。 1964年10月に日本プロレスに入門。相撲のすり足の矯正と減量に大苦戦。豊登の付き人だったことから、1966年3月に東京プロレスの設立に参加。東京プロレス崩壊後、1967年2月に国際プロレス入団。 1969年にファン公募でラッシャー木村と改名。8月にアメリカ遠征。ジョージア地区、カンザス地区で活躍。国際プロレスのエースとして活躍。1970年10月に日本初の金網デスマッチを行い、ドクター・デス?にKO勝ち。以後、金網の鬼として一世を風靡した。1975年4月に金網デスマッチ初のタイトルマッチを行い、マッドドッグ・バション?を破ってIWA世界ヘビー級王座を獲得。1976年3月には全日本プロレスとの対抗戦で、鶴田と1対1の後、ダブルフォールで引き分け。プロレス大賞のベストバウトを受賞した。 アニマル浜口、寺西勇と「はぐれ国際軍団」を結成し、新日本プロレスに参戦。ヒールとして活躍したため、新日本プロレスのファンが自宅までおしかけて石を投げたり騒いだりした。愛犬の熊五郎も円形脱毛症になるほどだった。あまりの騒ぎに引っ越したという。1984年4月、UWFの旗揚げに参加。「団体が軌道に乗るまでいてくれ」とある人に頼まれたからだという。「新間さんにお世話になったからね」とも。10月にUWFを離脱。11月に、全 …… (引用元 Hatena Keyword)