芸能人・経営者のおくやみ情報

アラン・シリトー 氏

作家[イギリス]

2010年 4月25日 死去享年82歳

アラン・シリトー - ウィキペディアより引用

アラン・シリトー(Alan Sillitoe、1928年3月4日 - 2010年4月25日)は、イギリス、ノッティンガム出身の作家。
シリトーの文壇への登場は、『怒りをこめてふりかえれ』のジョン・オズボーン、『ラッキー・ジム』のキングスレー・エイミス、『急いで駆け降りよ』のジョン・ウェインなど、「怒れる若者たち」(Angry Young Men)と呼ばれる一派と時を同じくしていたため、そのメンバーの一人と見なされることが多い。
しかし、この一派の中心となった作家たちは、概ねオックスフォード大学卒のインテリであった。
(ただし、オズボーンの学歴は高くなく、出身階級もシリトーと同じ労働者階級である)この点、工場労働者の息子であり、自らも工場労働者であったシリトーとは異質のものであった。
反体制を叫ぶ「怒れる若者たち」の怒りは、体制の改革と共に消えてゆく。
しかし、シリトーの主人公たちはなおも怒り続ける。
社会が不当に築いた彼らの周りの規制への反撥、その規制を守ろうとする権力者の偽善に対するアナーキックな憤りから、不道徳行為という方法で権威へのささやかなプロテストを試みる。

Alan Sillitoe、1928年3月〜2010年4月25日、イギリスの作家。 代表作は『長距離走者の孤独』『土曜の夜と日曜の朝』で、いずれも映画化されている。 (引用元 Hatena Keyword)