芸能人・経営者のおくやみ情報

山内鉄也 氏

映画監督脚本家[日本]

2010年 4月2日 死去心不全享年75歳

山内 鉄也(やまのうち てつや、1934年7月20日 - 2010年4月2日)は、映画監督、テレビ演出家、脚本家。
広島県広島市生まれ。
テレビ時代劇『水戸黄門』のメイン監督。
来歴・人物 叔父は時代小説作家の白井喬二。
少年時代はずっと映画が大好きで、中学生の時から映画界に入りたいと思っていた。
広島市立舟入高等学校から中央大学経済学部に進み1957年に卒業し、東映に入社。
時代劇が好きだったことから京都行きを希望し、京都撮影所の助監督となり、内田吐夢監督作品『大菩薩峠』(1957年)を皮切りに、伊藤大輔、松田定次、マキノ雅弘、加藤泰、工藤栄一監督らの時代劇に就く。
またマキノの東映版・次郎長三国志シリーズ4作品の共同脚本も手がけた。
1964年(昭和39年)、『忍者狩り』で監督デビュー。
この映画は、集団抗争時代劇(東映集団時代劇)を代表する傑作として近年評価を高めている。
1966年(昭和41年)、従来の時代劇に加え、「ウルトラQ」の放送開始で興ったTV怪獣ブームに触発された企画として、「忍術自雷也もの」をベースに、時代劇に怪獣要素を持ち込んだ特撮映画『怪竜大決戦』を撮る。