芸能人・経営者のおくやみ情報

角田房子 氏(つのだふさこ)

作家[日本]

2010年 1月1日 死去享年97歳

角田 房子(つのだ ふさこ、女性、1914年(大正3年)12月5日 - 2010年(平成22年)1月1日)は、日本のノンフィクション作家、日本ペンクラブ名誉会員。
来歴・人物 東京府生まれ。
福岡女学校(現 福岡女学院中学校・高等学校)専攻科卒業後、ソルボンヌ大学へ留学。
第二次世界大戦勃発により、ソルボンヌ大学を退学して帰国。
戦後、新聞記者の夫の転勤に伴って再度渡仏した。
1960年代より執筆活動を開始。
精力的な取材と綿密な検証に基づき、日本の近現代史にまつわるノンフィクションを数多く手掛けた。
2010年(平成22年)1月1日に死去していたことが同年3月12日に公表された。
95歳没。
自著『閔妃暗殺―朝鮮王朝末期の国母』について 受賞歴 1961年(昭和36年) 文藝春秋読者賞受賞(『東独のヒルダ』) 1964年(昭和39年) 婦人公論読者賞受賞(『風の鳴る国境』) 1985年(昭和60年) 新田次郎文学賞受賞(『責任 ラバウルの将軍今村均』) 1988年(昭和63年) 新潮学芸賞受賞(『閔妃暗殺』) 1995年(平成7年) 東京都文化賞受賞 著書 単著 『見たこと考えたこと・ヨーロッパからわが子へ』 毎日新聞社、1960年。

つのだ-ふさこ 1914-2010昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。大正3年12月5日生まれ。海外にながく滞在する。昭和36年ルポルタージュ「東独のヒルダ」で文芸春秋読者賞。軍人の伝記をとおして現代史をえがきつづけ,60年「責任―ラバウルの将軍今村均」で新田次郎文学賞,63年「閔妃(ミンビ)暗殺」で新潮学芸賞。平成22年1月1日死去。95歳。東京出身。ソルボンヌ大中退。本名はフサ。旧姓は中村。 (引用元 コトバンク)