芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋重行 氏

プロ野球選手[日本]

(大洋で投手として活躍)

2010年 3月1日 死去心不全享年64歳

高橋 重行(たかはし しげゆき、1945年5月16日 - 2010年3月1日)は、千葉県旭市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ。
来歴・人物 千葉商業高校では監督に見込まれ、千葉市内に下宿していた。
エース、四番打者として1962年夏の甲子園千葉県予選準決勝に進出するが、習志野高に敗退。
大会後に高校を中退し、大洋ホエールズへ入団。
入団して2年間は一軍では投げられず、整理対象選手であった。
1964年に別所毅彦一軍投手コーチから認められ、先発として速球と大きなカーブ(稀にシュートも投げたが、長い現役生活でほとんどこの2種類が武器であった)を武器にして17勝をマークし、3年目で新人王を受賞。
翌1965年も21勝し、その後も二度の2桁勝利を記録。
1972年にサンフランシスコ・ジャイアンツの3Aに野球留学し、1勝3敗、防御率4.80を記録する。
翌1973年に大洋に復帰し、9勝を挙げる。
1978年にスピードガンが導入され、スピードガンの申し子といわれた小松辰雄が150km/hの快速球を投げる中で、高橋は「時速30km/hを出す」と公言した。

プロ野球、大洋ホエールズの選手。 通称「阪神キラー」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は11→33番。 1945年5月16日生まれ。千葉県出身。 千葉商業を中退して1962年、大洋ホエールズに入団。 1964年、一軍に上がり新人王獲得。 スローボールを武器に活躍。 1972年、サンフランシスコ・ジャイアンツ3Aに野球留学。 帰国後も活躍、阪神タイガースに強かった。 1980年、現役引退。 1981年、阪神タイガースの投手コーチに就任*1。一軍と二軍の両方を担当した。 1992年、フロント入り。 1995年、投手コーチとして現場復帰。1997年まで務めた。 1998年、編成担当に就任。 *1:阪神キラーの才能を他球団に取られたくないと言う、阪神タイガースの思惑があった為と言われる。 (引用元 Hatena Keyword)

「高橋重行」と関連する人物(故人)