芸能人・経営者のおくやみ情報

井上梅次 氏

映画監督脚本家作詞家[日本]

2010年 2月11日 死去脳出血享年88歳

井上梅次 - ウィキペディアより引用

井上 梅次(いのうえ うめつぐ、1923年5月31日 - 2010年2月11日)は、日本の映画監督、脚本家、作詞家である。
京都市生まれ。
慶應義塾大学経済学部に入学するも、1943年応召、1945年復学。
卒業後、1947年、新東宝に入社。
自作の脚本を盛んに売り込み、1952年、わずか5年で『恋の応援団長』で監督に昇進。
1955年、日活に移籍。
当時売り出し中の石原裕次郎の映画を担当し、『嵐を呼ぶ男』が大ヒット。
裕次郎は大スターとしての地位を確立した。
1960年フリーになり、新東宝、日活以外の邦画四社で活躍。
井上は邦画六社で監督をしたことになるが、日本だけでなく、ショウ・ブラザーズに呼ばれ、香港でも映画を撮る。
邦画界全盛期にプログラムピクチャーを手掛けていただけあって、その監督作品数は戦後の映画監督としては、日本一である。
また劇場用映画だけでなく、テレビドラマの監督も多数務めた。
なお、日本の映画監督としては初めて、スタジオ撮影によるテレビドラマ(テレビ映画を除く)を監督した人物でもある。

映画監督。脚本家。 1923年(大正12年)5月31日、生まれ。2010年(平成22年)2月11日、死去。 月丘夢路の夫。 (引用元 Hatena Keyword)