芸能人・経営者のおくやみ情報

ウォレン・ハーディングWarren Gamaliel Harding

アメリカ合衆国第29代大統領[アメリカ]

1923年 8月2日 死去享年59歳

ウォレン・ハーディング - ウィキペディアより引用

『ウオレン・G・ハーディング』より : ウォレン・ガマリエル・ハーディング(Warren Gamaliel Harding, 1865年11月2日 - 1923年8月2日)は、第29代アメリカ合衆国大統領。
大統領に選ばれた最初の現職上院議員であり、在職中に死去した6人目の大統領。
オハイオ州選出の上院議員であったハーディングは、影響力を持つ新聞を出版し、政界入りする前は有能な演説家であった。
彼はオハイオ州議員(1899 - 1903)、オハイオ州副知事(1903 - 1905)を歴任した。
ハーディングの保守主義、柔和な物腰、そして『敵を作らないでください』という選挙戦略は、彼を1920年の共和党全国大会における妥協選択の候補とした。
第一次世界大戦の余波の中で行われた大統領選キャンペーンで、彼は国の「正常」への復帰を約束した。
この「アメリカが一番」というキャンペーンは、外国の影響から独立した工業化と強い経済を促進した。
ハーディングは、セオドア・ルーズベルト大統領以来議会を支配していた進歩主義から離脱した。
1920年の選挙で彼は、副大統領候補のカルビン・クーリッジと共に、アメリカ史上一般投票における得票率の最大差(60.36%対34.19%、26.2ポイント差)で民主党候補でありオハイオ州の仲間であったジェームズ・M・コックスを破った。