芸能人・経営者のおくやみ情報

立松和平 氏(たてまつわへい)

作家[日本]

(本名・横松和夫)

2010年 2月8日 死去多臓器不全享年64歳

立松 和平(たてまつ わへい、1947年12月15日 - 2010年2月8日)は日本の小説家である。
日本ペンクラブ会員。
本名:横松 和夫(よこまつ ・かずお)。
筆名は本名の「横松」のもじりで「立松」にした。
栃木県宇都宮市生まれ。
栃木県立宇都宮高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部へ進学。
1966年大学入学時は学生運動で騒然としていた。
早稲田キャンパス新聞会に入会するが政治的対立のため、除名。
文章表現研究会に入会し、現代文学に親しむ。
また日本各地や沖縄、韓国、東南アジアなどを流浪する。
また、大学にもどるとデモに参加していた。
那覇のナイトクラブでバイトした経験を処女作「途方にくれて」として執筆し、雑誌『早稲田文学』に投稿。
当時、「早稲田文学」の編集長だった有馬頼義が主宰する若手作家のサロン「石の会」に参加し三浦哲郎、高井有一、後藤明生、色川武大らと知り合う。
1970年、集英社の内定を得ていたが『早稲田文学』に「途方にくれて」が掲載されたため就職せず留年。
「自転車」で第1回早稲田文学新人賞を受賞する。
翌1971年、結婚。
妻は『早稲田文学』編集部に勤務していて和平と知り合った。

小説家、作家。 1947年、宇都宮市の生まれ。早稲田大学政経学部卒。1960年、「自転車」で第一回早稲田文学新人賞受賞。1980年、「遠雷」で野間文芸新人賞受賞。 2010年2月8日没。享年62。 (引用元 Hatena Keyword)