芸能人・経営者のおくやみ情報

相原真理子 氏

翻訳家[日本]

2010年 1月29日 死去心不全享年62歳

相原 真理子(あいはら まりこ、1947年2月22日 - 2010年1月29日 )は、日本の翻訳家。
ライトノベル作家の相原真理子(1963年 - )は別人。
東京都生まれ。
慶應義塾大学文学部英文科卒業。
卒業後すぐに結婚し2児をもうけるが、翻訳教室に通い『リーダーズ・ダイジェスト』の翻訳者となる。
1982年から翻訳を刊行し始め、1986年に『リーダーズ・ダイジェスト』が廃刊になると独立して翻訳に専念、推理小説、実用書などを訳すようになる。
パトリシア・コーンウェルの訳者として知られる。
2010年1月29日、心不全のために自邸にて死去。
62歳没 翻訳作品 モデル志願 イヴォンヌ・グリーン 小学館 1982.12 (スイートドリーム) ダメな犬はいない バーバラ・ウッドハウス 講談社 1984 のち文庫 アキレス・シンドローム 愛される自分に生れ変わる ハロルド・ブルームフィールド 二見書房 1985 ターミナル・ケア イギリスのホスピス・ムーブメントに学ぶ デレク・ドイル編 メヂカルフレンド社 1986.4 Loving each other レオ・ブスカリア 林真理子共訳 講談社 1986.4 夜霧のマンハッタン /マーティン・オーウェンス 近代映画社 1987.2 (近映文庫) ブーン わが企業買収哲学 T.ブーン・ピケンズ Jr. 早川書房 1987.12 ニューヨーク・猫物語 クリーブランド・エイモリー 二見書房 1988.12 シャーロック・ホームズ死者からの手紙 クィーンズ・パーク事件/ ゲイリー・グレイディ、スーザン・ゴールドバーグ 各務三郎共訳 二見書房 1988.1 料理上手は殺しの名人 バージニア・リッチ 講談社 1988.2 (海外ミステリー) 成功者たち 米国ビジネス界のピーク・パフォーマーズ チャールズ・ガーフィールド 平凡社 1988.2 いい女の殺し方 ドロシー・カネル 講談社 1988.4 (海外ミステリー) 容疑者 偽りの法廷 マーティン・マイヤーズ 二見文庫 198 ……

翻訳家 パトリシア・コーンウェルの「検死官」シリーズの和訳を一貫して 引き受ける。 (引用元 Hatena Keyword)

「相原真理子」と関連する人物(故人)