芸能人・経営者のおくやみ情報

高木仁三郎 氏(たかぎじんざぶろう)

物理学者[日本]

2000年 10月8日 死去大腸がん享年63歳

高木 仁三郎(たかぎ じんざぶろう、1938年7月18日 - 2000年10月8日)は、日本の物理学者、専門は核化学。
理学博士(東京大学)。
群馬県前橋市出身。
群馬県立前橋高等学校、東京大学理学部化学科卒業。
政府の原子力政策について自由な見地からの分析・提言を行う為、原子力業界から独立したシンクタンク・原子力資料情報室を設立、代表を務めた。
原子力発電の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて、専門家の立場から警告を発し続けた。
特に、地震の際の原発の危険性を予見し地震時の対策の必要性を訴えたほか、脱原発を唱え、脱原子力運動を象徴する人物でもあった。
原子力発電に対する不安、関心が高まった1980年代末には、新聞、テレビ等での発言も多かった。
1961年、日本原子力事業(日本原子力事業総合研究所核化学研究室)に勤務。
1965年、東京大学原子核研究所助手となる。
1969年、東京都立大学理学部助教授。
1972年、マックスプランク核物理研究所客員研究員。
1973年、東京都立大学を退職。
1974年、プルトニウム問題を考える自主グループ「プルトニウム研究会」を組織。

たかぎ-じんざぶろう 1938-2000昭和後期-平成時代の核化学者,科学評論家。昭和13年7月18日生まれ。44年都立大助教授となる。62年原子力資料情報室代表。反原発運動を指導し,プルトニウムを利用する日本の核燃料政策を批判,脱原発の社会をめざす。平成9年ライト-ライブリフッド賞。平成12年10月8日死去。62歳。群馬県出身。東大卒。著作に「プルトニウムの恐怖」など。 (引用元 コトバンク)

「高木仁三郎」と関連する人物(故人)