芸能人・経営者のおくやみ情報

柴野拓美 氏

SF作家翻訳家[日本]

2010年 1月16日 死去肺炎享年85歳

柴野 拓美(しばの たくみ、1926年10月27日- )はSF翻訳家、SF作家であり、SF研究家。
石川県出身。
1950年6月、東京工業大学機械工学科卒業。
1951年4月~77年3月、東京都立小山台高等学校(定時制)数学科教諭。

小隅 黎(こずみ れい) のペンネームで翻訳・創作をおこなっており、英語圏の作家とも親交が深い(ペンネームの由来は「コズミック・レイ」から)。
小隅黎名義ではタツノコプロが製作した数多くのアニメ作品のSF考証も担当。
同社の処女作『宇宙エース』では既にフィルムができあがっている状況で作中の描写に対して整合性のある理屈をつけるという、後の『機動戦士ガンダム』で松崎健一(スタジオぬえ)が行った作業に先駆けてもいる。

また、1957年に創刊された日本最初のSF同人誌「宇宙塵 (同人誌) 宇宙塵」(当初のグループ名称は「科学創作クラブ」)主宰者であり、日本SFファンダムの父でもある。
1962年に第1回日本SF大会MEG-CONを主催、1965年にはSFファングループ連合会議創立もおこなった。
同時にSFファンダム賞も創設(これは5年後に星雲賞にその役割をゆずった)。
1982年からは、日本SFファンダム賞の趣旨を受け継ぐかたちで、日本のSFファンダムに功労のあった人物を顕彰する柴野拓美賞を創設、自ら受賞者を選出し、毎年、日本SF大会席上にて発表している。

作家、翻訳家。ペンネームは、小隅黎。 日本SF界の草分け的存在の一人。 1926年石川県生まれ。 1957年に、日本最初のSF同人誌「宇宙塵」を創刊。62年に、年次日本SF大会を発足させるなど、長く日本のSF界においてファンのまとめ役を務める。 世界SF大会にも積極的に参加し、96年の第54回大会には、ファン・ゲスト・オヴ・オナーとして招待された。 2010年1月16日、肺炎により死去。 (引用元 Hatena Keyword)