芸能人・経営者のおくやみ情報

小林繁 氏(こばやししげる)

プロ野球選手、コーチ[日本]

2010年 1月17日 死去心不全享年59歳

小林 繁(こばやし しげる、1952年11月14日 - 2010年1月17日)は、鳥取県東伯郡赤碕町(現:琴浦町)出身のプロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。
赤碕小学校、赤碕中学校、由良育英高校(現:鳥取中央育英高校)卒業。
「江川事件」の渦中に巻き込まれ、読売ジャイアンツから阪神タイガースへトレード移籍。
「悲劇のヒーロー」として人気を得た。
少年時代 1952年11月14日、鳥取県東伯郡赤碕町に生まれる。
8歳の時、父親から野球用のグラブを渡され、キャッチボールを日課とするようになった。
小学校時代にソフトボールをプレーし、中学時代は野球部に所属。
由良育英高校時代 1968年、由良育英高校に入学。
野球部に入部した。
当時監督を務めていた牧野紀史は当時の小林について、「特にボールが速かったわけではない。
コントロールは悪くなかったが、抜群に良いというほどでもなかった」、「投げるボール自体は大したことはない」、「『どうしても欲しい』と思うようなピッチャーではありませんでした」と語る一方、「印象的だったのは、マウンドで常に小林は冷静だった」、「タテに割れるカーブを織り交ぜて、相手バッターのタイミングを上手く外す。

【こばやししげる】 プロ野球選手。投手。鳥取県生れ。鳥取県立由良育英高校(現,県立鳥取中央育英高校)卒業後,社会人野球を経て,1971年のドラフト会議でセントラル・リーグの読売ジャイアンツに6位指名された。体力面の問題などからプロ入りの意志がないことを宣言していたが,1972年に入団。1976年・1977年にはともに18勝を挙げ,ジャイアンツのエースとなっていた。しかし,1978年11月にジャイアンツが野球浪人中の江川卓(すぐる)投手と野球協約の〈空白の一日〉を突いて入団契約を交わした,いわゆる〈江川事件〉が発生。同年のドラフト会議で江川の交渉権を得ていた阪神タイガースに対しての交換要員として,小林はジャイアンツからタイガースに移籍した。移籍1年目の1979年にはジャイアンツ戦の8連勝を含む22勝(9敗)を挙げて最多勝を獲得。その後も連続して2ケタ勝利を挙げたが,1983年のシーズン途中で13勝(14敗)を挙げながらも引退。投法は細身の身体をいっぱいに使った独特の横手投げで,通算成績は139勝95敗,2度の沢村賞にも輝いている。引退後はパシフィック・リーグの近鉄バッファローズ,日本ハムファイターズでコーチを務めたが,2010年にファイターズのキャンプインを間近に控えながら急逝。なお,2007年秋にはテレビCMで江川と共演しており,これが両者の和解といわれる。 (引用元 コトバンク)