芸能人・経営者のおくやみ情報

東恵美子 氏(あずまえみこ)

女優[日本]

2010年 1月8日 死去急性心不全享年87歳

東 恵美子(あずま えみこ、1924年10月19日 - 2010年1月8日)は、日本の女優。
父は浪曲師の東武蔵。
来歴・人物 東京府出身。
日本女子神学専門学校卒。
NHK東京放送劇団を経て、1948年、劇団俳優座に入団したが、1954年に山岡久乃、初井言榮らとともに俳優座を脱退して劇団青年座を結成。
以後、青年座の中心メンバーとして活動するかたわら、テレビ、映画でも主に脇役として活躍。
1978年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『白い巨塔』では東貞蔵教授夫人・東政子に扮し、鼻持ちならない上流夫人を演じ切った(ちなみに、2003年に同じフジテレビ系列でリメイクされた『白い巨塔』では東と同じ青年座所属の女優・高畑淳子が東教授夫人役を演じた)。
夫は社会心理学者の南博。
2人の夫婦関係は「夫婦別姓の草分け」「自由結婚」「別居結婚」「日本のサルトルとボーヴォワール」と呼ばれ、マスコミなどでも話題となった。
2010年1月8日、自宅にて死去。
同2月2日、青年座による劇団葬が行われた。
エピソード 紫色の服が好みでよく着ており、紫は東のトレードマークとなっている。

あずま-えみこ 1924-2010昭和後期-平成時代の女優。大正13年10月19日生まれ。浪曲師の初代東武蔵の次女。昭和23年俳優座にはいる。青山杉作演出の「あゝ荒野」でデビューし,「令嬢ジュリー」「オセロ」などに出演。29年青年座の結成にくわわる。46年矢代静一の「写楽考」で芸術祭優秀賞。50年南博と結婚。映画出演もおおかった。平成22年1月8日死去。85歳。東京出身。日本基督教女子神学専門学校(現青山学院大)卒。 (引用元 コトバンク)