芸能人・経営者のおくやみ情報

大沼保昭 氏(おおぬまやすあき)

国際法学者[日本]

2018年 10月16日 死去腎盂がん享年73歳

大沼 保昭(おおぬま やすあき、1946年〈昭和21年〉3月8日 - )は、日本の法学者。
明治大学法学部特任教授。
東京大学名誉教授。
専門は国際法学。
山形県山形市出身。
寿虎屋酒造9代目社長大沼勘四郎の次男として生まれる。
1969年6月、東京大学法学部公法コース卒業。
1970年3月、東京大学法学部政治コース卒業。
1970年4月〜1973年10月、同大学法学部助手 1973年11月〜1984年6月、同大学法学部助教授、1984年7月〜1991年3月、同大学法学部教授、1991年4月〜2009年3月、同大学大学院法学政治学研究科教授 1987年、論文「歴史と文明のなかの経済摩擦」および「経済摩擦の歴史的定位」で第8回石橋湛山賞を受賞。
1999年、博士(法学)号を取得(東京大学、学位論文「人権、国家、文明:普遍主義的人権観から文際的人権観へ」)。
2009年3月に東京大学を定年退職し、同年4月より明治大学法学部特任教授に就任。
戦争責任問題の追及でも知られるなどリベラル色が濃いが、日本国憲法第9条に関しては改正容認の立場を取るなど従来の左派勢力とは立場を異にしている。

(1946年〈昭和21年〉3月8日 - ) 日本の法学者。明治大学法学部特任教授。東京大学名誉教授。専門は国際法学。 (引用元 Hatena Keyword)

「大沼保昭」と関連する人物(故人)