芸能人・経営者のおくやみ情報

サマック・スントラウェート 氏

政治家、元タイ首相[タイ]

2009年 11月24日 死去肝臓がん享年74歳

サマック・スントラウェート - ウィキペディアより引用

SamakSundaravej [生]1935.6.13.バンコク[没]2009.11.24.バンコクタイのジャーナリスト,政治家。2008年1月29日から9月9日までタイの首相を務めた。2006年9月の軍事クーデターによるタクシン・チナワット首相の失脚後,初めて民主的に選ばれた首相だったが,在任中にテレビの料理番組に出演して報酬を受け取ったことで違憲判決を受け,在任9ヵ月足らずで辞任を余儀なくされた。バンコクのタマサート大学で法律を学び,新聞のコラムニストを経て政界入りした。1973年に民主党員として国会議員に当選。2006年にタクシンが失脚して亡命すると,親タクシン派の人民の力党の設立に加わった。人民の力党は2007年の総選挙で安定多数を獲得し,その結果,サマックを首相とする複数政党による連立内閣が誕生した。 (引用元 コトバンク)

「サマック・スントラウェート」と関連する人物(故人)