芸能人・経営者のおくやみ情報

ガイウス・プリニウス・セクンドゥスGaius Plinius Secundus

博物学者政治家[ローマ帝国]

(ユリウス暦) 0079年 8月24日 死去享年57歳

ガイウス・プリニウス・セクンドゥス - ウィキペディアより引用

ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(Gaius Plinius Secundus、22 / 23年 – 79年8月24日)は古代ローマの博物学者、政治家、軍人。
ローマ帝国の海外領土総督を歴任する傍ら、自然界を網羅する百科全書『博物誌』を著した。
一般には大プリニウスと呼ばれる。
甥に、文人で政治家のガイウス・プリニウス・カエキリウス・セクンドゥス(小プリニウス)がおり、養子としている。
北イタリアのコムム(現在のコモ)生まれ。
プリニウスは思想的にはストア派で、論理と自然哲学と倫理学を信奉していた。
ストア派の第一の目的は、自然法則にしたがって徳の高い生き方をすることであり、自然界の理解が必要であった。
甥の小プリニウスによると、プリニウスは夜明け前から仕事をはじめ、勉強している時間以外はすべて無駄な時間と考え、読書をやめるのは浴槽に入っている時間だけだったという。
23歳のころ軍隊にはいり、ゲルマニア遠征に従軍した。
50年代にローマにもどり法学を学んだが、弁論家としては成功せず、学問研究と著作に専念した。

「ガイウス・プリニウス・セクンドゥス」と関連する人物(故人)