芸能人・経営者のおくやみ情報

李厚洛 氏

政治家[韓国]

(金大中事件当時のKCIA部長)

2009年 10月31日 死去享年85歳

李厚洛 - ウィキペディアより引用

李 厚洛(イ・フラク、ハングル:이후락、1924年2月23日 - 2009年10月31日)は、韓国の政治家である。
慶尚南道・蔚山郡(現在の蔚山広域市)生まれ。
1942年、蔚山農業学校を卒業、翌1943年に九州の太刀洗陸軍飛行学校に入隊したが、第二次世界大戦の終戦後に帰国。
1946年3月23日付で軍事英語学校を卒業して少尉に任官(10079番)。
第5連隊B中隊(中隊長:李致業少尉)小隊長。
1949年、陸軍参謀学校卒業。
1950年3月に来日して第25師団で研修を受けていたが、朝鮮戦争が勃発すると帰国。
1951年、陸軍本部情報局次長。
1952年、アメリカ陸軍兵站学校卒業。
准将に昇進。
1954年、教育総本部参謀長。
1957年、駐アメリカ大使館付武官。
1959年、第79機関長。
1961年1月、予備役編入。
朴正煕により国家再建最高会議広報室長に任命されたことが、政界入りのきっかけである。
第三共和国では大統領秘書室長、駐日本大使、 第四共和国初期には韓国中央情報部長を務めた。
1971年大韓民国大統領選挙では朴正煕陣営の総指揮を振るった。

「李厚洛」と関連する人物(故人)