芸能人・経営者のおくやみ情報

松永貞徳(まつながていとく)

俳人歌人[日本]

(承応2年11月15日没)

1654年 1月3日 死去享年84歳

松永貞徳 - ウィキペディアより引用

松永貞徳(まつなが ていとく、元亀2年(1571年) - 承応2年11月15日(1654年1月3日))は、江戸時代前期の俳人・歌人・歌学者。
名は勝熊、別号は長頭丸(ちょうずまる)・逍遊軒(しょうゆうけん)・延陀丸(えんだまる)・保童坊・松友など。
他に五条の翁・花咲の翁とも称し、明心居士の号もある。
子は朱子学者の松永尺五。
父は松永永種で、母は藤原惺窩の姉。
永種は松永久秀の子であったという説がある。
また、永種は入江氏の出(入江政重の子)で、久秀の養子であったとも言われる。
永種は出家して各地を放浪中であったため、久秀の死に巻き込まれることはなかった。
キリシタンとして名を残した内藤如安は、久秀の弟・松永長頼の子であるため、貞徳とは従兄弟という関係になる。
出身は京都。
連歌師・里村紹巴から連歌を、九条稙通や細川幽斎から和歌、歌学を学ぶほかに、五十数人に師事したという。
20歳頃に豊臣秀吉の右筆となり、木下勝俊(長嘯子)を友とする。
慶長2年(1597年)に花咲翁の称を朝廷から賜り、あわせて俳諧宗匠の免許を許され、「花の本」の号を賜る。

安土桃山・江戸前期の俳人・国学者。京都生。名は勝熊、別号に長頭丸・逍遥軒・明心・延陀丸・延陀王丸等。父は連歌師永種、母は藤原惺窩の姉という文化的環境に育ち、細川幽斎・里村紹巴に和歌・連歌を学び、林羅山・木下長嘯子と交わる。また俳諧の方式を定め、門下に北村季吟・雛屋立圃らを育て貞門派を形成、俳諧三神の一と称される。承応2年(1653)歿、83才。 (引用元 コトバンク)

「松永貞徳」と関連する人物(故人)