芸能人・経営者のおくやみ情報

広島日出国 氏

元旭化成陸上部監督[日本]

2009年 10月23日 死去肺炎享年71歳

『廣島日出国』より : 廣島 日出国(ひろしま ひでくに、1937年11月18日 - 2009年10月23日)は元陸上競技・マラソン選手。
引退後は指導者として旭化成陸上部の監督、総監督を務め、その後沖電気陸上競技部の監督、総監督として活動していた。
宮崎県東臼杵郡北郷村(現・美郷町)出身。
男子マラソンの元日本記録保持者で旭化成の先輩だった廣島庫夫は叔父に当たる。
中学卒業後、九州一周駅伝に憧れ長距離を始める。
旭化成陸上部からは早くから勧誘があったが、農家の長男であることを理由に固辞を続け、最後は叔父の庫夫の説得で1959年に入部。
ローマオリンピックの最終選考会では途中まで独走しながら無念の途中棄権となり、叔父と揃っての五輪代表はならなかった。
1964年の東京オリンピックの候補にも選ばれたが出場には至らなかった。
その後は1965年の福岡国際マラソンで優勝するなどの活躍を見せた。
しかしながら廣島の真骨頂は現役引退後、指導者になってから発揮された。
旭化成陸上部の監督時代には男子では宗茂、宗猛、児玉泰介、谷口浩美、森下広一、女子では宮原美佐子といった数多くの名選手を発掘し育て、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)では6連覇するなど、旭化成の黄金時代を作り上げた。

「広島日出国」と関連する人物(故人)