芸能人・経営者のおくやみ情報

島田正吾 氏(しまだしょうご)

俳優[日本]

2004年 11月26日 死去脳梗塞享年100歳

島田正吾 - ウィキペディアより引用

島田 正吾(しまだ しょうご、本名:服部 喜久太郎(はっとり きくたろう)、1905年12月13日 - 2004年11月26日)は、新国劇の俳優。
横浜市生まれ。
来歴・人物 1923年(大正12年)に明星商業学校を中退後、澤田正二郎が率いる新国劇に入団。
正二郎の急死後、辰巳柳太郎と共に主役級に抜擢され、1987年(昭和62年)に新橋演舞場で劇団創立70周年記念公演をうけて劇団を解散するまで新国劇の大黒柱として活躍。
辰巳とは「動の辰巳、静の島田」と好対照のライバルとして知られた。
新国劇時代には『関の弥太ッぺ』『瞼の母』『一本刀土俵入』などの股旅物(またたびもの)をはじめ、『霧の音』『ビルマの竪琴』など現代劇の話題作も演じた。
そのほかの代表作としては、戦国時代の武士・山本勘助を演じた主演作『風林火山』が知られ、1958年(昭和33年)から10年以上にもわたり公演を続けた。
1951年(昭和26年)、山田五十鈴を相手役に『夏祭三度笠』で映画に初出演。
以後、舞台でのヒット作を映画化した。
1955年(昭和30年)の主演作『風雲三条河原』では幕末の志士・岡田以蔵役を演じる。

しまだしょうご [生]1905.12.13.神奈川,横浜[没]2004.11.26.東京,目黒俳優。本名服部喜久太郎。1923年新国劇に入る。沢田正二郎の急逝後,後進で対照的な芸風の辰巳柳太郎と協力して新国劇をもりたてた。リアルで堅実な演技で,また旅物を得意とし,『瞼の母』の忠太郎や『殺陣師(たてし)段平』などあたり役は多い。1987年の解散後は広く商業演劇で活躍する一方,1991年には『シラノ・ド・ベルジュラック』の翻案一人芝居である『白野弁十郎』をパリで公演。1969年紫綬褒章,1974年芸術選奨文部大臣賞,1992年フランスのレジオン・ドヌール勲章を受けた。 (引用元 コトバンク)