芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川正安 氏

名古屋大学名誉教授[日本]

2009年 8月13日 死去心不全享年86歳

長谷川 正安(はせがわ まさやす、1923年 - 2009年8月13日)は日本の法学者。
専門は憲法、フランス近代憲法。
名古屋大学名誉教授。
1923年茨城県土浦市で、4人兄弟の末っ子として生まれる。
関東大震災後に品川区武蔵小山の長屋に家族で移住。
1943年徴兵。
1945年乗船中の輸送船が機雷により大破、舞鶴のドックで終戦を迎える。
この戦争体験から日本軍に反感を持ち、軍隊、組織嫌いとなり、企業就職を拒否し、研究者の道を歩むことを決意するようになる。
1946年(昭和21年)東京商科大学(現一橋大学)卒業後、1949年26歳で名古屋大学助教授に就任。
1956年に名古屋大学法学部教授に就任すると独自の法理論の、特に主権論で日本国憲法第9条の問題に対して独自の理論を展開している。
「真の意味での独立主権国家でしか自衛力は保持はできない」とする自説をもち、戦後憲法学の一翼を担った。
議会解散権についても「衆議院は国民に信を問うため『自覚的解散権』を持つ」とするなど、国民主権論についても独自の理論を持っている。

はせがわ-まさやす 1923-2009昭和後期-平成時代の憲法学者。大正12年1月24日生まれ。昭和31年名大教授。61年大阪経済法科大教授。マルクス主義法学の立場から憲法を研究。憲法論議や憲法擁護運動に積極的に参加,日本平和委員会理事長をつとめた。平成21年8月13日死去。86歳。茨城県出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に「憲法現代史」「フランス革命と憲法」「憲法とはなにか」など。 (引用元 コトバンク)

「長谷川正安」と関連する人物(故人)