芸能人・経営者のおくやみ情報

コラソン・アキノ 氏Corazón Aquino

政治家、元大統領[フィリピン]

2009年 8月1日 死去がん享年76歳

コラソン・アキノ - ウィキペディアより引用

コラソン・アキノ(Corazón Aquino, 1933年1月25日 - 2009年8月1日)は、フィリピン共和国第11代大統領(在職1986年 - 1992年)。
上院議長の夫ベニグノ・アキノ・ジュニア暗殺後、フェルディナンド・マルコス大統領に対抗した。
通称はコリーだったため、コリー・アキノと呼ばれた。
学歴はマウント・セント・ヴィンセント大学文学部卒業。
学位は文学士(マウント・セント・ヴィンセント大学)。
称号は名誉法学博士(早稲田大学)。
プロフィール 生い立ち フィリピン・タルラック州の富裕な華人の家に生まれた。
祖先は福建籍の客家である。
結婚前の名はマリア・コラソン・スムロン・コファンコ(María Corazón Sumulong Cojuanco)、中国名は許娜桑。
1953年にアメリカ・ニューヨーク州のマウント・セント・ヴィンセント大学を卒業(フランス語専攻)。
ベニグノ・アキノの妻に 1955年に22歳にしてタルラック州コンセプション市長であった、ベニグノ・アキノ・ジュニアと結婚した。

Corazón Aquino(María Corazón Sumulong Cojuangco Aquino) 1933年1月25日〜2009年8月1日 フィリピンの女性政治家。フィリピン共和国第11代大統領。のマウント・セント・ヴィンセント大学卒業。 反マルコス独裁の象徴として活躍。1986年2月に行われた繰上げ大統領選挙に出馬して当選した。 (引用元 Hatena Keyword)