芸能人・経営者のおくやみ情報

野崎泰一 氏

元広島球団代表[日本]

2009年 7月30日 死去肺炎享年86歳

野崎 泰一(のざき ひろかず、1923年7月2日 - 2009年7月30日)は、広島県呉市出身のプロ野球選手(投手)・監督・コーチ。
来歴・人物 旧制呉港中学校時代の1939年、藤村隆男・柚木進の控え投手として春選抜大会出場(試合出場はなし)。
専修大学を経て、戦後プロ野球が再開された1946年、阪神タイガースに入団。
戦後すぐの選手不足で、投手専任は野崎ただ一人だった。
ドロップを武器に、主力投手として1948年と1950年に二桁勝利(48年・12勝、50年10勝)を挙げた。
しかし肩を痛め、1951年東急フライヤーズ、1952年地元球団の広島カープに移籍したが、活躍は出来なかった。
1953年に現役引退。
引退後は広島投手コーチ・監督代行・二軍監督、球団常務、球団代表など、途中空白期を挟みながら1991年まで広島発展に尽力した。
特に1975年シーズンは、監督のジョー・ルーツが開幕から僅か15試合目(4月27日対阪神ダブルヘッダー第1試合)で指揮権放棄しその後辞任したため、4月27日第2試合から5月3日に古葉竹識コーチが後任監督に昇格するまでの4試合(3勝1敗)で監督代行を務め、古葉体制発足以後のチームの支えとなるなど球団創設初優勝に大きな役割を果たした。

「野崎泰一」と関連する人物(故人)