芸能人・経営者のおくやみ情報

ミシェル・セール 氏Michel Serres

哲学者[フランス]

2019年 6月1日 死去享年90歳

ミシェル・セール - ウィキペディアより引用

ミシェル・セール(Michel Serres, 1930年9月1日 - )は、フランスの哲学者、文筆家。
特に科学史、科学哲学。
南フランスのアジャンに生まれ、1952年に高等師範学校 (Ecole Normale Supérieure) 入学。
数学、文学、哲学の学位を取得し、1955年に哲学のアグレガシオン取得。
パリ大学、スタンフォード大学、コレージュ・ド・フランス等で教鞭を執る。
若い頃にはクレルモン=フェラン大学でも教えており、同僚のフーコーとは刺激を与えあう親しい友人であった。
1985年メディシス賞エッセイ部門受賞。
1990年からアカデミー・フランセーズ会員。
その多方面にわたる活躍に対し、レジオンドヌール勲章シュバリエ章を授与された。
バシュラールに学んだが、早くからブルバキ構造主義とライプニッツ哲学の深い影響を受けて独自に自己形成した哲学者である。
人文学、自然科学の双方にまたがる非常に幅広い学問領野に通暁し、現代の百科全書派と呼ばれる。
その著作はフランスの詩的散文の一つの達成をしめす、高度に美的かつ深淵なものであるが、飛躍が多く理解しがたい面も持つ。

ミシェル・セール(Michel Serres) 1930年生まれ。パリ第一大学哲学・科学史教授。数学及び数学史に造詣が深く、哲学、絵画、文学、古代史にも関心を持つ。船員をしていた過去があり、その経験と博識に裏打ちされた著作は、理論、エセー、ポエットが一体となった独特のスタイルを作り出している。 主要著作の邦訳。 『ライプニッツのシステム』(抄訳)竹内信夫他訳(朝日出版社)1986年 『ヘルメス』豊田彰他訳(法政大学出版局)1985年から 『生成』及川馥訳(法政大学出版局)1983年 『離脱の寓話』及川馥(法政大学出版局)1985年 (引用元 Hatena Keyword)

「ミシェル・セール」と関連する人物(故人)