芸能人・経営者のおくやみ情報

木村進 氏(きむらすすむ)

お笑い芸人、喜劇俳優[日本]

(「木村進劇団」代表)

2019年 5月19日 死去腎不全享年70歳

木村進(きむら すすむ 本名同じ、1950年7月29日 - )は日本のお笑い芸人。
かつて吉本興業に所属していたが現在はフリー。
「木村進劇団」の代表。
来歴・人物 福岡県福岡市出身。
祖父は初代博多淡海、父は二代博多淡海。
母は博多淡子。
妹は博多和美、娘・木村優も吉本新喜劇に在籍していた。
お笑い界の「サラブレッド」である。
進も一時「三代博多淡海」を号したが、その後元の芸名に戻す。
祖父の初代・博多淡海(本名・木村平三郎)は福岡市の伝統喜劇である「博多にわか」の素人役者だったのがプロ役者に転じたもので、父の二代・博多淡海(本名・木村平三)は父の死によって23歳で跡を継ぐと、松竹芸能に所属して東京進出を果たし、おばあさんの格好で正座したまま1mもジャンプする曲芸なみのギャグや藤山寛美との共演で有名となる。

お笑い芸人、喜劇俳優。1950年7月29日生まれ、福岡県福岡市出身。祖父は九州の喜劇俳優の初代博多淡海で、父は二代目博多淡海。16歳のときに父の劇団「淡海劇団」に入り、70年に吉本興業株式会社に入社した。74年、23歳の若さで吉本新喜劇の座長に就任。同時に座長に就任した間寛平とのコンビが80年代にかけて人気を博し、新喜劇の一時代を築いた。87年には三代目博多淡海を襲名している。2019年5月19日、68歳で死去した。 (2019-5-23) (引用元 コトバンク)

「木村進」と関連する人物(故人)