芸能人・経営者のおくやみ情報

小玉明利 氏(こだまはるとし)

プロ野球選手、監督[日本]

2019年 5月19日 死去腎臓がん享年85歳

小玉 明利(こだま はるとし、1935年6月10日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手(内野手)・元監督。
通称「あきとし」。
プロ入り前 神崎工業高校2年生時の1953年、近鉄パールスの入団テストを受ける。
その際、捕手の根本陸夫に打撃の素質を見出され、根本は監督の芥田武夫に「ぜひ小玉を採用すべきだ」と進言した。
芥田は朝日新聞運動部長から前年途中に監督になったばかりで「高校を中退させるには・・・」と躊躇したが、根本は「3年まで待つと他球団に取られる」として強引に口説いた。
小玉は高校中退してプロ入団か、進級して高校生活を続けるか、という選択を迫られ、自ら高校を中退して入団の道を選んだ。
現役時代 プロ入り2年目となった1954年に一軍出場を果たし、以降も三塁手のレギュラーを務めた。
チーム成績が思わしくなく、長打力のある打者が少なかったピストル打線と呼ばれた弱小球団の中で、小玉は1962年から1965年まで4年連続3割を記録するなど、長きにわたって巧打者として活躍。

プロ野球選手。近鉄バファローズの監督。通称「あきとし」。 右投右打、ポジションは三塁手。背番号は2→3番。 1935年6月10日生まれ。兵庫県尼崎市出身。 神崎工高から1953年、テスト生として近鉄パールスに入団。 1年目は一軍出場は無かったものの、2年目から三塁手のレギュラーを務めた。 ピストル打線の中軸打者とし、二塁打を打つことを得意とした。 1962年から1965年まで4年連続3割を記録するなど、長きにわたって巧打者として活躍した。 1960年代を代表する三塁手として活躍。低迷するチームを支えた。 1967年、選手兼任監督に就任。三原脩招聘の為に監督を解任。退団する。 1968年、一選手として阪神タイガースに移籍。 1969年、2000本安打まであと37本を残して、34歳の若さで現役を引退。ベストナイン5回。オールスター出場9回。 引退後は球界復帰せずに大阪府に在住。 2000年、近鉄球団創立50周年記念のOB戦に出場した。 (引用元 Hatena Keyword)