芸能人・経営者のおくやみ情報

志村五郎 氏(しむらごろう)

数学者[日本]

(プリンストン大学名誉教授)

2019年 5月3日 死去享年90歳

志村 五郎(しむら ごろう、1930年2月23日 - )は日本の数学者。
プリンストン大学名誉教授。
静岡県浜松市生まれ。
盟友であった谷山豊と取り組んだ谷山・志村予想によってフェルマー予想の解決に貢献し、また、アーベル多様体の虚数乗法論の高次元化、アーベル多様体のモジュライ理論とモジュライに対応するCM体上のアーベル拡大を記述する保型関数を構成し、志村多様体論を展開。
これによってクロネッカーの青春の夢の一般化を行った(ヒルベルトの23の問題における第12問題への貢献)。
フィールズ賞こそ受賞していないものの、国際数学者会議に4度招待講演者として招聘され、スティール賞、コール賞を受賞した輝かしい経歴を持つ日本を代表する数学者の一人である。
1952年 - 東京大学理学部数学科卒業 1958年 - 博士号を取得 1961年 - 大阪大学教授 1964年 - プリンストン大学教授 受賞・講演歴 1958年 - 国際数学者会議招待講演(エジンバラ) 1966年 - 国際数学者会議招待講演(モスクワ) 1970年 - 国際数学者会議招待講演(ニース) 1977年 - アメリカ数学会コール賞数論部門:"Class fields over real quadratic fields and Heche operators", Annals of Mathematics, Ser. 2, Vol. 95, 1972; "On modular forms of half integral weight", Annals of Mathematics, Ser. 2, Vol. 97, 1973に対して 1978年 - 国際数学者会議招待講演(ヘルシンキ) 1991年 - 朝日新聞社朝日賞:整数論の研究 1995年 - 藤原科学財団藤原賞:アーベル多様体の虚数乗法論と志村多様体の構成 1996年 - アメリカ数学会スティール賞(生涯の業績部門):重要かつ広範な分野におよぶ数論幾何学と保型形式の業績に対して 著書 単著 『中国説話文学とその背景』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫 シ-20-1〉、2006年9月6日。

「志村五郎」と関連する人物(故人)