芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・ベイツ・クラークJohn Bates Clark

理論経済学者[アメリカ]

1938年 3月21日 死去享年92歳

ジョン・ベイツ・クラーク(John Bates Clark、1847年1月26日 - 1938年3月21日)は、アメリカ最初の理論経済学者、コロンビア大学教授。
アメリカの新古典派経済学者で、限界革命主導者の一人。
息子のジョン・モーリス・クラークも著名な経済学者。
1847年でロードアイランド州プロビデンスに生まれる。
25歳でアマースト大学を卒業。
1872年から1875年にチューリッヒ大学、ハイデルベルク大学に留学した後、帰国。
28歳で教壇に立ち、カールトン・カレッジ、スミス大学、アマースト大学、ジョンズ・ホプキンス大学等で教鞭をとった。
1893年から1895年までアメリカ経済学会会長。
1895年以後1913年までコロンビア大学教授を務めた。
1935年には国際平和に対する関心から『A Tender of Peace』を著している。
1938年にニューヨークにて生涯を終えた。
業績 ジョン・ベイツ・クラークは「限界生産性」概念と、「財の蕩尽」理論を考案したことで知られる。

「ジョン・ベイツ・クラーク」と関連する人物(故人)