芸能人・経営者のおくやみ情報

相澤英之 氏(あいざわひでゆき)

政治家[日本]

(元自民党衆院議員、金融担当相や党税調会長などを歴任)

2019年 4月4日 死去享年101歳

相澤英之 - ウィキペディアより引用

相澤 英之(あいざわ ひでゆき、大正8年(1919年)7月4日 - )は、日本の大蔵官僚、政治家、弁護士(相沢法律事務所、登録番号:32425)。
東京福祉大学元学長。
大蔵事務次官、衆議院議員(9期)、経済企画庁長官、金融再生委員会委員長などを歴任した。
妻は女優の司葉子。
来歴・人物 生い立ち 現在の大分県宇佐市に父・相澤次郎、母・クメの三番目の子供として生まれた。
父は宇佐中学の先生をしていた。
相澤家は鎌倉時代からつづく横浜の旧家である。
父の転任に従って新潟県高田、群馬県桐生、愛媛県大洲と転々とし、小学校に入る頃、一家は郷里の横浜に戻り、父が校長をしていた根岸小学校に入学する神奈川県立横浜第一中学校(現・神奈川県立希望ヶ丘高等学校)、第一高等学校(現・東京大学教養学部)を経て、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。

日本の政治家。弁護士。1919年7月4日生まれ。神奈川県横浜市出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業。 大学卒業後、旧大蔵省に入省。間もなく陸軍に召集され陸軍経理学校を経て陸軍主計少尉となる。第二次世界大戦後、一時、ソ連で抑留されていたが1948年に復員して旧大蔵省に復職した。1969年に女優の司葉子と結婚。1976年の第34回衆議院議員総選挙に、妻の出身地である旧鳥取全県区から自由民主党公認で出馬し、初当選。以後9回連続当選したが、2003年の第43回衆議院議員総選挙に鳥取2区から立候補するも、高齢と多選批判の影響によりかつての秘書だった川上義博に敗れ落選した。その後、2004年に史上最高齢の84歳で弁護士登録を行った。 (引用元 Hatena Keyword)