芸能人・経営者のおくやみ情報

五味川純平 氏(ごみかわじゅんぺい)

作家[日本]

1995年 3月8日 死去脳梗塞享年80歳

五味川 純平(ごみかわ じゅんぺい、1916年(大正5年)3月15日 - 1995年(平成7年)3月8日)は、日本の小説家。
旧満州生まれ。
東京商科大学(現一橋大学)に入学するも1年で中退、東京外国語学校(現東京外国語大学)英文科卒業後、満州鞍山の昭和製鋼所に入社。
ここで隅谷三喜男と知り合う。
1943年召集を受け、満州東部国境各地を転々とした。
1945年8月のソ連軍の満州侵攻時には、所属部隊はソ連軍部隊の攻撃を受けて全滅に近く、生存者は五味川以下数名だったという。
1948年の引き揚げ後、自らの従軍体験を基にして1955年に発表した『人間の條件』が1,300万部を超える大ベストセラーとなり、一躍人気作家となる。
その後も『戦争と人間』『御前会議』『ノモンハン』『ガダルカナル』など、数々の戦争文学を世に問うた。
『人間の條件』や『戦争と人間』はのちに映画化された。
1978年、菊池寛賞を受賞。
著書 『人間の條件』全6部 三一新書 1956-58年、新版1974年三一書房 全3部 1978年、のち文春文庫全6巻、岩波現代文庫全3巻 映画版は『人間の條件 (映画)』を参照。

ごみかわじゅんぺい [生]1916.3.15.中国,大連[没]1995.3.8.東京小説家。本名栗田茂。1933年東京商科大学の予科に入学するが,中退。1936年東京外国語学校に入学。在学中に思想問題により治安維持法違反の容疑で検挙されるが1940年に卒業。同年満州で昭和製鋼所に入社したが1943年に召集され,ソビエト連邦国境に配属された。第2次世界大戦終結直前の1945年8月,ソ連軍との戦闘で部隊が全滅するなかで九死に一生を得て捕虜となる。1948年に帰国し,苛酷な戦争体験を素材に軍隊や戦争の非人間性を告発し,その桎梏からの自己の解放を求める主人公を描いた長編小説『人間の条件』(6巻,1956~58)を発表,映画化(→人間の条件)されて話題を呼び記録的ベストセラーとなった。『自由との契約』(6巻,1958~60),『孤独の賭け』(3巻,1962~63),『戦争と人間』(18巻,1965~82)など,戦争と人間との関係を追求し続けた。1978年に一連の反戦文学で菊池寛賞を受賞。 (引用元 コトバンク)

「五味川純平」と関連する人物(故人)