芸能人・経営者のおくやみ情報

橋本登美三郎 氏(はしもととみさぶろう)

政治家[日本]

(自民党所属衆議院議員、幹事長)

1990年 1月19日 死去享年90歳

橋本 登美三郎(はしもと とみさぶろう、1901年3月5日 - 1990年1月19日)は、日本の政治家。
自由民主党衆議院議員。
自民党幹事長、建設大臣、運輸大臣などを務めた。
来歴・人物 茨城県行方郡潮来町(現・潮来市)の回送問屋の家に生まれた。
当初父は「三郎」という名を考えていたが、親戚が生まれた子供に三郎と名づけたので、母親の名前をつけて「登美三郎」と命名したという。
旧制佐原中学から、早稲田大学政治経済学部に入学。
在学中は雄弁会に所属し、闘将と称された。
1927年に大学卒業後、朝日新聞社に入社する。
満州に特派員として派遣されたのを皮切りに中華民国で活動する。
1936年より翌1937年8月まで南京支局勤務、南京通信局長を務める。
同年12月、南京を日本軍が占領した際、部下の記者を15人ほど引き連れて、一番乗りしたことで有名である。
橋本は南京大虐殺については否定的な証言をしている。
外信部長、東亜部長を歴任し、第二次世界大戦終戦の年の1945年に退社した。
1946年、第22回衆議院議員総選挙に立候補するが落選、地元潮来町の町長に選ばれる。

政治家、元建設大臣、元運輸大臣 1901年(明治34年)3月5日、生まれ。1990平成2年1月19日、死去。88歳だった。 朝日新聞社記者、故郷茨城県の潮来町長を務める。 1949年(昭和24年)、衆議院議員(当選12回、自民党)。第1次池田内閣・第1次佐藤内閣の建設相、第3次佐藤内閣の運輸相などをつとめ、田中角栄政権では幹事長となるが、ロッキード事件で有罪判決をうけた。 (引用元 Hatena Keyword)