芸能人・経営者のおくやみ情報

緑川洋一 氏(みどりかわよういち)

写真家[日本]

2001年 11月14日 死去胃がん享年87歳

緑川洋一(みどりかわ よういち、1915年(大正4年)3月4日 - 2001年(平成13年)11月14日)は、写真家、歯科医師。
生来の名は横山知(さとし)。
二科会写真部会員。
岡山県邑久郡裳掛村虫明(現・瀬戸内市邑久町虫明)の呉服商の長男として生まれる。
1932年(昭和7年)上京し日本大学専門部歯科医学校に入学。
1934年(昭和9年)模型飛行機店店主と合作しコンテストに応募したボート用スチームエンジンを海軍省が50円で買い取る。
これを元手にドイツ製カメラ・ペルケオを購入し写真撮影を始める。
1936年(昭和11年)日大歯科医学校を卒業。
歯科医師国家試験に合格し、東京市蒲田区(現・大田区蒲田)の総合病院に勤務する。
翌1937年(昭和12年)郷里の岡山市に横山歯科医院を開業する。
1939年(昭和14年)より写真撮影を再開。
緑川洋一の名で写真雑誌への投稿を始める。
同じ岡山出身の写真家・写真雑誌編集者石津良介(石津謙介の兄)の推薦により中国写真家集団に参加。
同年、山崎治雄らとカメラクラブ「光芒会」結成。
1945年(昭和20年)岡山連隊区司令部が報道班を結成し班員となる。

「緑川洋一」と関連する人物(故人)