芸能人・経営者のおくやみ情報

栗原貞子 氏(くりはらさだこ)

詩人[日本]

2005年 3月6日 死去老衰享年93歳

栗原 貞子(くりはら さだこ、1913年3月4日 - 2005年3月6日)は、日本の詩人。
峠三吉などの原爆詩人の一人。
『生ましめんかな』で知られる。
生涯 広島県広島市生まれ。
可部高等女学校(現広島県立可部高等学校)在学中の17歳から、短歌・詩を中心に創作活動を始めた。
1945年8月6日(広島市への原子爆弾投下)に爆心地の4キロ北の自宅で被爆。
戦後は夫の栗原唯一とともに執筆活動を行い、平和運動に参加し、反戦、反核、反原発、反差別、反天皇制を主張、特に昭和天皇の戦争責任を言及しており、『戦前・戦中派にとって天皇絶対主義の恐怖は母斑のように肉体にしみついている。
天皇制は日本人にとっての原罪である。
』と述べている。
1990年第3回谷本清平和賞受賞。
2005年3月6日老衰のため広島市内の自宅で死去した。
92歳。
遺志を継いで護憲の活動をしている栗原真理子は長女。
『生ましめんかな』 この詩は原子爆弾が投下された後の夜、地下室に避難していた被爆者の1人が突然産気づき、同じ地下室内に避難していた1人の産婆が、自らの怪我を省みずに無事赤子を取り上げるが、それと引き換えに命を落としたという内容である。

くりはら-さだこ 1913-2005昭和-平成時代の詩人。大正2年3月4日生まれ。昭和6年,アナーキスト栗原唯一と結婚。戦時中「人間の尊厳」などの反戦詩をかく。20年広島で被爆。夫とともに「中国文化連盟」を結成し,21年機関誌「中国文化」を創刊,原爆特集号に詩「生ましめんかな」を発表,また反戦詩集「黒い卵」を自費出版した。その後も原水爆禁止運動にとりくみ,「私は広島を証言する」「ヒロシマ・未来風景」などを刊行。平成17年3月6日死去。92歳。広島県出身。可部高女卒。 (引用元 コトバンク)

「栗原貞子」と関連する人物(故人)