芸能人・経営者のおくやみ情報

三遊亭小圓朝 氏(さんゆうていこえんちょう)

落語家・四代目[日本]

2018年 12月15日 死去肺炎享年50歳

三遊亭小圓朝 - ウィキペディアより引用

三遊亭 小圓朝(さんゆうてい こえんちょう)は、落語家の名跡。
当代は4代目。
初代 後の三遊一朝。
本名は倉片省吾。
2代目 2代目三遊亭 小圓朝(安政4年12月16日(1858年1月30日) - 1923年(大正12年)8月13日)は、落語家。
本名は芳村忠次郎。
2代目三遊亭圓生門下の三遊亭圓流(後の三遊亭圓麗)(本名は芳村源六)の息子。
8歳の時から初代三遊亭圓馬門下に入って圓平の名で寄席に出演している。
一時期6代目桂文治門下で桂文之助と名乗っていたこともあるという。
15歳の時に父の弟弟子三遊亭圓朝の門下に入って朝松となる。
前座を3年務めた18歳の時に、圓朝や4代目圓生が名乗った由緒ある名である、3代目橘家小圓太を名乗る。
嘱望されたにも関わらず女性問題や借金でしくじり破門寸前までになったため、一時期ドサ廻りに投じた。
25歳の時に帰京して師匠圓朝に謝罪し三遊亭圓花を名乗り再出発する。
1885年には元の小圓太に戻り、1893年ころには初代三遊亭金馬に改名し真打の看板を上げた。

  • 題名
    三遊亭小円朝集 (1969年)
    著者
    三遊亭小円朝
    発売元
    青蛙房
    ページ数
    392ページ
    発売日
    1969
    新品価格
    中古商品
    ¥ 425 より
  • 題名
    松の内 (風々齋文庫)
    著者
    三遊亭小圓朝
    発売元
    書肆風々齋
    ページ数
    7
    発売日
    2018-12-30
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    富士詣り
    著者
    (株)文化放送
    発売元
    (株)文化放送
    ページ数
    発売日
    2017-10-04
    新品価格
    ¥ 1,000
    中古商品
  • 題名
    一目上り
    著者
    (株)文化放送
    発売元
    (株)文化放送
    ページ数
    発売日
    2017-10-04
    新品価格
    ¥ 1,000
    中古商品

落語家の名跡の1つ。当代は四代目で三代目三遊亭圓之助の子である。 (引用元 Hatena Keyword)