芸能人・経営者のおくやみ情報

ドン・ニューカム 氏Donald Newcombe

メジャーリーガー[アメリカ]

(初のサイヤング賞投手で、1962年には中日で打者としてプレー)

2019年 2月19日 死去享年94歳

ドン・ニューカム - ウィキペディアより引用

ドン・ニューカム(”Donald Newcombe”、1926年6月14日 - )は、元メジャーリーグベースボール メジャーリーグの投手・プロ野球選手。
右投げ左打ち。
アメリカ合衆国ニュージャージー州マディソン (ニュージャージー州) マディソン出身。
ニックネームは“Newk(ニューク)”。

ニグロ・リーグで1年間プレーしたのち、1946年にブルックリン・ドジャースと契約。
1949年5月20日にメジャーデビューし、メジャー初の黒人投手となった。
リーグ最多の5完封を含む17勝8敗、防御率3.17でルーキー・オブ・ザ・イヤー (MLB) 新人王に輝く。
またこの年、ジャッキー・ロビンソン、ロイ・キャンパネラ、ラリー・ドビーと共に黒人選手として初めてMLBオールスターゲーム オールスターに出場した。
1950年は19勝、翌1951年は20勝を挙げる。

Donald(Don) Newcombe 50〜60年代のMLB・プロ野球選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は36番。 1926年6月14日生まれ。米国ニュージャージー州出身。 1946年、ニグロリーグにてプロ入りし、活躍。 1949年、メジャーリーグ初の黒人投手としてブルックリン・ドジャースに入団。 1953年、朝鮮戦争に陸軍部隊として従軍。 1955年、MLB復帰。 1956年、27勝を挙げMVP受賞、また第1回サイ・ヤング賞を受賞。 1958年、シンシナティ・レッズに移籍。 1960年、クリーブランド・インディアンズに移籍。 投手でありながら打撃にも定評がある。 1962年、ラリー・ドビーと共に来日し、中日ドラゴンズに入団。 ドラゴンズ史上2番目の外国人選手、打者としてプレー。 同年、退団。 1970年、ロサンゼルス・ドジャースの球団役員となる。 * (引用元 Hatena Keyword)