芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々木すみ江 氏(ささきすみえ)

女優声優[日本]

2019年 2月17日 死去肺炎享年92歳

佐々木 すみ江(ささき すみえ、1928年6月22日 - )は、日本の女優、声優。
東京府出身。
血液型はA型、身長160cm。
劇団民藝(当初は東京民衆芸術劇場)養成所1期生(同期は大滝秀治)。
所属事務所はアルファエージェンシー。
夫はジャーナリストで産経新聞編集局長、また筑波大学教授・名誉教授を務めた青木彰。
日本女子大学家政学科卒業。
人物・来歴 戦後に劇団民藝の結成に参加。
1951年に『その妹』で初舞台を踏んで以降、多くの作品に出演(しかし、1971年に起きた対立により、下條正巳や鈴木瑞穂、佐野浅夫らと共に退団)。
その後は各作品に脇役として出演し、女優としての地位を確立した。
2008年に出演した『篤姫』での主人公・天璋院の養育係である菊本役は好評で、それほど出演回数は多くはなかったが「女の道は一本道でございます」というセリフが話題となり、若い世代にも顔が知られるようになった。

女優。1928年6月22日、東京都生まれ。51年、劇団民芸「その妹」で初めて舞台に立つ。55年に「楡の木陰の欲望」で新劇演技賞を受賞した。73年には「移動」で紀伊国屋演劇賞を受賞した。その後も、蜷川幸雄演出の「にごり江」や井上ひさし作・木村光一演出「頭痛肩こり樋口一葉」など、数々の舞台に出演したほか、テレビや映画でも活躍。2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」では主人公の乳母を演じた。19年2月17日、90歳で死去した。 (2019-2-21) (引用元 コトバンク)