芸能人・経営者のおくやみ情報

シブガトゥッラー・ムジャッディディー 氏Sibghatullah Mojaddedi

政治家、元大統領代行[アフガニスタン]

2019年 2月11日 死去享年95歳

シブガトゥッラー・ムジャッディディー - ウィキペディアより引用

シブガトゥッラー・ムジャッディディー(صبغت الله مجددی、Sibghatullah Mojaddedi、1926年 - )は、アフガニスタンの政治家。
長老議会(上院)議長。
アフガニスタン・イスラム国大統領(臨時)を歴任。
スィブガトゥッラーと表記されることもある。
カーブル出身。
ナクシュバンディー教団の指導者の子孫、ムジャッディディー氏族の長。
1944年、カーブルのマドラサを卒業し、カーブル大学で学んだ。
1948年~1953年、エジプト、カイロのアル=アズハル大学で学び、修士号を取得した。
エジプトで、ムスリム同胞団と関係したため、1954年に国外追放された。
1954年、カーブルの各種学校で神学講師を務めた。
1960年、アフガニスタンを訪問していたニキータ・フルシチョフに対する暗殺の準備で逮捕・起訴された。
1964年、教職禁止を付加され釈放、国外に移住した。
1966年、アフガニスタンに帰国。
1970年初め、カーブルで大規模デモを組織。
1971年、ムハンマド・ウラマー協会(ジャミアート=ウリ=ウラマー・ムハンマディ)を創設。